「美味しい」の言葉だけでいい。
商売とか
利益とか
そんなことだけじ
ないんです
生産者の皆さんは
食べた人たちの
美味しい
の一言のために
どんなに毎日朝早くても
大変な思いをしても
いいものを届けたい
という熱い思いとこだわりをも
取り組まれています
そんな食べ物の匠
クリエイタ
皆さんをご紹介していきます